• HOME
  • エコ・アクション・ポイントとエコポイントの違い
エコ・アクション・ポイントとエコポイントの違い

ここでは、『エコ・アクション・ポイント』と『エコポイント』の違いを説明します。
似ているようで違うポイントプログラムなのでご注意ください。

  エコアクションポイント エコアクション(グリーン家電エコポイント) 住宅エコポイント
目的
地球温暖化防止!
私たち消費者が手軽に参加しやすいエコ活動の推進!
地球温暖化防止!
日本経済の活性化と、地上デジタル放送対応テレビの普及!
地球温暖化防止!
日本経済の活性化!
対象商品
エコ・アクション・ポイント取扱店で販売提供しているサービス
▽エコ厳選ECモール”エコナミセ”での食品/商品購入
▽廃食用油の回収
▽環境配慮に取り組む宿泊施設の利用
▽ネット銀行
など
統一省エネラベル4☆相当以上の
▽エアコン
▽冷蔵庫
▽地上デジタル放送対応テレビ
<<エコ住宅の新築>>
▽省エネ法のトップランナー基準相当の住宅
▽省エネ基準(平成11年基準)を満たす木造住宅

<<エコリフォーム>>
▽窓の断熱改修
▽外観、屋根・天井又は床の断熱改修
▽バリアフリー改修
▽住宅用太陽熱利用システム(ソーラーシステム)
▽節水型便器
▽高断熱浴槽
会員登録方法
パソコンまたは携帯電話から会員登録(無料)
所定の申請書に、必要事項を記入し、対象商品購入時に発行された書類を添付、交換されたい商品名を記入し、エコポイント事務局に郵送。
◆申込書
◆保証書(コピー)
◆領収書/レシート(原本)
◆家電リサイクル券の排出者控え(コピー)
所定の申請書に必要事項を記入し、以下の書類と共に全国の申請窓口に持参、または住宅エコポイント事務局に郵送

<<エコ住宅の新築>>
◆住宅エコポイント発行・交換証明証
◆エコポイント対象住宅証明書(コピー)
◆(新築の場合)工事証明書
◆領収書または契約書(コピー)
◆建築基準法にもとづく「確認済証」(コピー)
◆建築基準法にもとづく「検査済証」(コピー)
◆本人確認書類(コピー)

<<エコリフォーム>>
◆住宅エコポイント発行・交換証明証
◆リフォーム用工事証明書
◆領収書または契約書(コピー)
◆対象製品の納品書、施工証明書、性能証明書、工事写真
◆本人確認書類(コピー)
ポイントのため方
エコ・アクション・ポイント取扱店で販売提供しているサービスを利用したあとに、パソコンまたは携帯電話からポイント登録。
交換方法
パソコンまたは携帯電話から、商品を選択!
後日、指定先の住所にお届け♪
交換商品
▽商品券、お食事券
▽家電・キッチン用品など一般商品
▽環境配慮型商品
▽環境寄附  など
▽商品券・プリペイドカード、地域型商品券などの金券
▽全国型、都道府県型の地域産品、省エネ、環境配慮製品
▽環境活動を行っている団体への寄附
※その他、環境配慮された商品
▽商品券・プリペイドカード、地域型商品券などの金券
▽全国型、都道府県型の地域産品、省エネ、環境配慮製品
▽環境活動を行っている団体への寄附
▽追加で実施する工事費用への充当
期間
終了予定なし!
<<購入期限>>
H23年3月31日までの対象商品購入分

<<ポイント申請期限>>
H23年5月31日まで

<<交換期限>>
H24年3月31日まで
<<対象期限>>
▽エコ住宅の新築
H21年12月8日~H22年12月31日に建築着工したものでH22年1月28日以降に工事完了
▽エコリフォーム
H22年1月1日~H22年12月31日に着手したものでH22年1月28日以降に工事完了

<<ポイント申請期限>>
▽エコ住宅の新設
【一戸建ての住宅】
H24年6月30日まで
【共同住宅等】
階数が10以下 H24年12月31日まで
階数が11以上 H25年12月31日まで

▽エコリフォーム
H24年3月31日まで

<<交換期限>>
H26年3月31日まで

[ 2010年11月1日現在 ]